カードローン返済のコツ

効率性を求めるカードローン返済のコツ

銀行カードローンの返済は、はやく完済して利息の負担を抑えることが重要です。
利息は、金利、元金残高、借入日数に応じて出されます。つまり、金利が高く、元金残高が多く、借入日数が長いほど負担が大きくなるので、工夫して返済をしていかなくてはいけません。

 

カードローンでは大半の方がリボルビング方式で返していると思いますが、リボには思わぬ落とし穴があるので注意しましょう。
リボルビング方式とは、毎月一定額を返していく方法です。そのため生活を圧迫させることなく返せるのが特徴ですが、その反面では借入れを繰り返すほど完済が遠のくというデメリットがあります。よって、できるだけ完済するまで借り入れは繰り返さない、余裕があるときには前倒し返済をするのがおすすめです。

 

また、リボルビング方式の種類によって、完済期間や返済総額が変わってきます。例えば、10万円を毎月1万円ずつ返していく場合、元金方式なら1万円に利息を付けて返していくので10か月で完済できますが、元利方式なら1万円の中に利息を含めて返していくので完済に10か月以上かかり、すると負担も大きくなります。
収入と支出を考えて利用を決める必要があるので、そのためには契約前にリボルビング方式について理解する必要があるでしょう。各社の公式ページでは返済シュミレーションを提供しているので、そちらを利用して計算して比べてみるのも一つの手です。

 

もちろん、一括で返してしまえるのなら、それに越したことはありません。


このページの先頭へ戻る