クレジットカードとカードローンの違い

クレジットカードとカードローンの違いを知ろう

カードを利用して融資を受ける方法としてはクレジットカード、そしてカードローンが便利ですが、その違いがよくわからないという人、もあるのではないでしょうか。
まず、クレジットカードの場合は主にショッピングクレジットが中心で、買い物の際に現金を持たずに支払いを行うことができます。
このほかにもネット決済や公共料金の支払いにも便利です。
そしてキャッシングの機能をつけることもでき、限度額の範囲内で提携の銀行やコンビニATMなどですぐにお金を引き出すことができます。
カードローンの場合は借り入れ専用のカードとなっていますので、ショッピングに活用することはできません。

 

借り入れ専用のカードを作るのであれば、やはりカードローンとなりますが、この場合も消費者金融、銀行がありますので金利や限度額も比較して最適なサービスを選んでいきましょう。

 

消費者金融の場合は総量規制の対象で、借り入れできる金額は年収の3分の1までです。これに対して銀行は総量規制対象外となっており、より多くの資金を用意できますし、しかも低金利です。

 

急いでいるときはできるだけ早く融資を受けたいですが、最短では審査が通過すれば即日で融資が可能です。

 

借り入れをすれば必ず返済をしなくてはいけませんが、その方法も店舗で返済する方法もあれば口座引き落とし、振り込み、ATMからなど様々な方法があります。
期日を過ぎてしまうと遅延損害金といった余計な費用も発生しますので、期日までには必ず入金をしておきましょう。


このページの先頭へ戻る