他社借り入れ

カードローン審査に他社借り入れは影響するのでしょうか

銀行や消費者金融のカードローン、またはキャッシングの審査で、他社からの借入はどのくらいチェックされるのでしょうか。そこそこ収入がある人や、借入が1件程度で、しかも金額も少なめの場合はさほどに重視はされません。しかしあまり収入が無く、他の会社から4件も5件も借入があるような場合は、返済が困難であるとみなされ、審査に通らない可能性も出て来ます。特に信用情報をチェックして、返済が遅れがちの場合は通らないか、仮に通っても与信枠がかなり少なめに設定されます。
またこのような場合、同じ100万円を借りているとしても、1社から100万円を借りている場合と、5社から20万円ずつ借りている場合とでは、前者の方が信用度が高くなり、審査に通りやすくなることもあります。1社から多額のお金を借りられるということは、それだけ信用度が高いということだからです。もし他社から借りている件数が多く場合は、おまとめローンで一本化することもできます。これですと金利が一番低いのに合わせられますし、返済日も1つにできます。ただしこの場合も審査に通らないと一本化はできません。
それから消費者金融の場合は、総量規制があります。これは借入に限度額を設けたもので、年収の3分の1に当たる金額がその限度額となります。この総量規制は、すべての消費者金融の利用が対象となるため、複数の消費者金融を利用していて、限度額ぎりぎりまで借りている時は、新規の申し込みができません。その時は総量規制対象外の消費者金融、または総量規制のない銀行を利用しましょう。


このページの先頭へ戻る