銀行カードローンの金利

銀行カードローンは金利安いので賢い利用法と言えます

お金を貸してしてもらう金融機関はいろいろあり、その代表が銀行です。銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比べると低金利で借り入れできます。下限上限どちらの金利も消費者金融のカードローンと比べると低い水準に設定されています。
金利が低ければ、その分、返済する金額が少なくなり、返済の負担も軽減されますので、銀行カードローンを利用するのは賢い借り方と言えるでしょう。
借入限度額も、消費者金融のカードローンの上限額が最大500万円に比べ、800万円や1,000万円までと高額になっており、大口融資を希望する人にも機能できるようになっています。
また、消費者金融は総量規制によって年収の3分の1までしか融資することができませんが、銀行は総量規制対象外ですから収入で貸し出す金額は制限されません。そのため、収入のない専業主婦でも銀行なら借り入れすることができます。
金利や借入限度額が良い分、消費者金融に比べ審査が厳しく、審査を通過してお金を借りるのは難しくなります。即日融資を希望する人は、金利が高くても審査が早く融資するまでのスピードの速い消費者金融で借り入れすることが多いようです。中には、最短10分で審査を終え即日融資をしてくれるところもありますので、ネットで調べてみるのがいいでしょう。
サラリーマンが借りる際に気にすることのひとつに、会社に在籍確認の電話が入って、借金することがバレルのではないかということです。電話があっても個人名でかかってきますし、確認電話をしないところもあり、バレナイように配慮されていますので心配はありません。


このページの先頭へ戻る