銀行カードローン審査で聞かれる勤続年数

銀行カードローン審査で聞かれる「勤続年数」について|派遣の借入マスター

"銀行に限らず、消費者金融を含めたカードローンを利用する為には審査を受けます。この審査では、申込者本人の収入(年収)や勤務先・勤続年数・役職など様々な情報が評価され、その結果として融資が可能かどうかやいくらまで利用出来るのか、金利はいくつに設定されるのかと言ったことが決まります。

 

消費者金融と比べると銀行カードローンの方が低金利・高額融資に対応していることが多いので、より多くの金額を良い条件で借りられる可能性が高くなります。どちらを優先すると良いのかと言う判断は個人によって変わりますが、基本的には銀行系のものを優先する方法がおすすめです。

 

短い審査時間で利用出来るのは銀行系も同様なので、即日融資を利用することも出来ます。より条件の良いカードローンを利用することは返済を確実にしていくためにも非常に大切なので、しっかりと考えて決めるようにしましょう。

 

銀行系は比較的審査が厳しいと言われていますが、そこで聞かれる「勤続年数」に関しては見方がいくつかあります。基本的な評価方法としては「長く勤務している」という事が良い評価につながりやすいのですが、あまり長く勤めているにもかかわらず年収が低い場合などはそれほど評価アップにつながらない可能性もあります。極端に短い勤続年数であるという場合以外は、それほど気にする必要はありません。

 

勤続年数の長さは「収入の安定性」に影響を与えます。ただし、これだけでお金を借りられるかどうかを決定づけるものではなく、むしろ年収など返済能力に直結する部分の方が重要です。"


このページの先頭へ戻る